お知らせ

名越祓のお知らせ2021.07.01

「名越祓(なごしはらえ)」とは、夏の暑さを健やかに過ごせるよう祈念する神事で、住吉神社の信仰から起こったものと云われております。
古来より日本人は、祓(はら)えというものを大切にして日々の暮らしを営んできました。
当社の御祭神は、伊弉諾(いざなぎの)尊(みこと)が「禊祓(みそぎはらえ)」をされた時にお生まれになった神様であり、この地が禊祓をされた聖地であるとされる事から、古(いにしえ)より篤い尊崇を集めております。
知らず知らずのうちに犯してしまった罪や穢(けがれ)を祓い除き、心身の浄化と健康をお祈り下さい。

茅の輪くぐり・人形祓は、7月1日より行います。
茅の輪は、7月15日頃と名越大祭前に新たに掛け替える予定です。

7月31日(土)午前10時「名越大祭 本殿祭・茅の輪くぐり神事」は、神職並びに関係者のみで斎行致します。
一般参拝者の皆様は、祭典終了後にご案内致しますので、ご了承下さい。